働く独女の戯言、独り言by林ティアラ

働く独女の日常とフィギュアスケート愛を語ります。

木下グループPCRセンター体験記:私が感じた課題

昨日、札幌の実家に帰省してきました。

 

帰省するかどうかは直前まで迷いましたが、このご時世、帰れる時に帰らないと、いつ感染大爆発を起こして帰れなくなるかわかりません。

 

ということで、両親と話して、いつも通り、PCR検査を受けたうえで帰省することにしました。

 

これまでは、ナイトドクターという医療機関がやっているPCR検査を利用していました。

 

新型コロナウイルスPCR検査サービス – 夜間緊急往診 ナイトドクター

 

こちら、自宅まで出張して検体を採取してくれて、その日のうちに結果が出ます。

ですので、帰省する前日の検査ができ、安心して自宅に帰れるというメリットがありました。

 

しかし、出張してくれる上その日のうちに結果を出してくれるため、お値段も高く25000円。

 

私は、帰省の際には飼ハムのマサムネのホテル代も支出するため、帰省するたびにお財布がなかなか大変なことになっていました。

 

今回は、木下グループPCR検査センターのうち、秋葉原のセンターが自宅に比較的近かったため、そちらを利用することにしました。お値段がかなり安かったので・・・

 

木下グループ新型コロナPCR検査センター

 

とはいえ、検査結果は翌日にならないと出ない。

ということで、29日夕方に検査を受け、翌日は在宅ワークにしたわけです。

 

29日は午後仕事があり、終わった後で秋葉原の検査センターに向かいました。

 

場所は、JR秋葉原駅の電気街口から歩いて1,2分の、ちょっと影になっているところ。

狭い間口の前に数人の人が並んでいました。

私も並びましたが、そのうち、列は徐々に伸びていきました。

 

受付と会計を済ませ(現金は不可)、キットをもらい、検体採取のための個別ブースに行くための列に並びます。

 

空いたら順々にブースに行って、自分で唾液を取り、容器に入れて、袋に詰め、それを提出箱に提出。

 

30日の夕方に無事陰性の結果が出ました。

 

木下グループの方式は、一言で言うとセルフサービスです。

極力人手をかけず、設備投資もせずに、低価格を実現したということのようです。

 

待合のための椅子もなければ、案内をするためのスタッフもいない。

秋葉原のセンターはそんなところでした。

 

センターというにはあまりに質素な設備で、「これで本当に大丈夫なのかな」という一抹の不安がよぎりました。

立派な検査を期待してはいけないと思いました。

 

もし、検査のスピードやプロによる検体検査を望む方は、ナイトドクターや病院での検査を選択されることをおすすめします。

 

 

ところで、私は、念には念を入れて、昨日羽田空港でも、15分で検査が出る抗原検査を受ける予定でした。

 

15時の飛行機を予約していたため、検査を13時40分に予約しました。

 

ところが、結局受けることができませんでした。

 

検査が混み合って、とても遅れてしまったのです。

 

私が空港に着いたのは13時少し前。その時点で20分遅れと言われました。

その後、13時20分過ぎに行ったときには、50分遅れくらいになっていました。

 

とても間に合いません。

 

羽田空港第二ターミナルの検査センターでは、列に並ぶ人を仕切るスタッフの方が一人いて、該当する時間に予約した人を列に並ばせ、簡単な説明をしていました。

 

ですが、検査を予約した人が大勢いたようで、スタッフ一人では全く賄いきれない状況でした。

 

なかを見たわけではないのではっきりしたことはわかりませんが、おそらくブースの数も予約を受け付けた人数に比べて少なかったのではないかと思います。

 

また、予想に反して多くの人が集まったというのもあるのかもしれません。

しかし、予約はウェブ上でやるので、どれくらいの予約が来ているかは管理できているはずです。

 

おそらく、私以外にも検査が遅延したために断念してフライトに向かった人は少なくないと思います。

 

これでは何のための検査かわかりません。

 

木下グループさんにおいては、空港検査を効率よく時間通りにさばけるよう改善してほしいと思います。

 

帰省して札幌は思いのほか寒く、ちょっとびっくりしています。

明日はみぞれが降るようです。

 

本日は妹と少し買い物に出ましたが、北海道もコロナ感染者が過去最高になってしまいました。

あまり出歩かず、静かに過ごそうと思います。

 

東京に戻る前にはこちらで3000円のPCR検査を受けていく予定です。

 

最近購入した無印良品とユニクロの逸品。これは買いです!

東京は本日から3回目の緊急事態宣言。

だからというわけでもありませんが、私はスーパーとコンビニに行った以外は自宅でおとなしくしています・・・

 

昨日は午前中仕事があり、その後買い物があったので北千住や秋葉原のあたりを歩いていたのですが、人がかなり多かったです・・・

 

皆さん、当面出歩けないと思ってお買い物していたものと思われます。

 

さて、昼夜の気温の寒暖差があるとはいえ、最近は暖かな日が多くなりました。

洋服や寝具も冬物から春夏物に替えたという方も多いのではないでしょうか。

 

私も、出かけるときにコートを着なくなったり、パジャマを春夏物に替えたりしました。

 

いくつか春夏物の買い物もしています。

 

そんな春夏物の中で、「これは良かった!!」と思うものをご紹介したいと思います。

 

 

1 無印良品のコットンTシャツ

 

3月中旬に入り用でスーツを3着購入したことをこのブログでお伝えしました。

 

comcomcom0620.hatenablog.jp

 

スーツのインナーをどうするかというのは、実はなかなか難しい問題なのですが、私の場合、ポリエステル素材のドレープがかかったようなインナーは似合わないし、とても苦手です。

 

スッキリとしたインナーを着てネックレスでアクセントを加えたい派です。

 

そうするとカットソーやTシャツがベストということになるのですが、スーツがかっちりしていて若干窮屈な分、インナーは、軽い着心地のものがほしい。

 

昨年、ユニクロの長袖Tシャツを色違いで4枚購入したのですが、なかなかに肉厚でスーツのインに着るともたつきが気になりました。

 

そこで、ある日無印良品を覗いてみたところ、軽い素材で、襟周りがつまり気味の好みのコットンTシャツを見つけました。

 

試着したところシルエットが非常に綺麗で、ジャケットのインに着てもごわつきません。

 

白と白黒のボーダーを1着ずつ購入しました。

そして、これとは別に襟が若干広いアイボリーのTシャツも購入しました。

 

f:id:comcomcom-0620:20210425152433j:plain

*このときは靴下も同時に購入。

 

お値段はいずれも990円。

かなりお買い得です。

 

何回か着用していて洗濯もしていますが、型崩れもなし。

 

このとき購入したのは長袖でしたが、昨日同じシリーズの半袖も購入しました。

 

なお、サイズですが、長袖はMサイズ、半袖はLサイズを購入しています。

 

長袖はスーツのインに着ることを想定して、なるべくコンパクトなサイズ感のものが良いと思い、ジャストのMサイズにしました。

 

半袖の方は、二の腕が太くなっているお年頃、ジャストサイズのTシャツは肌着感が出てしまうので、若干のゆとりを持たせるために1サイズあげました。

 

よたってしまっても買い替えやすい価格ですし、本当に良いお買い物をしたと思っています。

 

これからのシーズン、ガンガン着ようと思います。

 

 

2 ユニクロのエアリズムパジャマ

 

実は、3月の初めころ、飼っているハムスターのマサムネが、ベッド下のケースの中に侵入して、パジャマを2着ほどボロ布にしてくれたことがありました。

 

春夏の薄い生地のものをだめにされてしまったので、買い換えなければならなくなりました。

 

パジャマは、実はこれまで無印良品派でした。

 

無印良品では、脇の縫線がないパジャマが発売されていて、寝返りを打っても縫い目が気にならず、とても塩梅が良かったのです。

 

買い替えも無印良品でしようと思っていたのですが、このときたまたま先にユニクロに入り、エアリズムのパジャマを発見。

 

濃いめのネイビーの色合いや、襟元の白のパイピングといったシンプルなデザインが気に入りました。

また、スルッとした生地感も良いなと思いました。

 

試しに買ってみることにしました。

 

先週の月曜日に初めて袖を通したのですが、着心地がサラッとしていて、とても気持ち良いです。

 

体の動きに合わせて生地も動いてくれるので、布団の中で寝返りを打っても、生地がまとわりついてくる感じがありません。

非常に寝心地の良いパジャマです。

 

先にもお話したとおり、私はハムスターを飼っているので、夏場、夜もエアコンを26度から27度くらいに設定して寝ることにしています。

昨年の夏は、パジャマを長袖にしていました。

 

このパジャマであれば、暑くも涼しすぎることもなく、夏のエアコンを付けた夜も快適に眠れそうです。

 

ユニクロのサイトを覗いてみたところ、長袖のエアリズムのパジャマは今は発売がないようです。半袖、ショートパンツのパジャマになっているようでした。

 

東京を始めとする4都府県は、商業施設の多くが休館してしまうので、しばらくの間は、店舗でのお買い物はできそうにありません。

 

ですが、ユニクロ無印良品もネット通販がありますので、気になった方はそちらをご利用なさっても良いかなと思います。

 

コロナ禍、緊急事態宣言はなかなか気が滅入るものですが、せめて気に入ったものに囲まれて生活したいと思うのでありました。

 

 

私の土日の過ごし方〜案外忙しいです。

本日は、風は強いですがいい日和の日曜日です。

近所のスーパーに買物に行ったとき、とても暖かくてびっくりしました。

昨日のちょっと冷たい曇天が嘘のようでした。

 

私は、勤務時間は比較的自由であるものの、一応勤め人であり、平日は仕事をしています。

私の業界では、土日も働いている人が少なくありません。

ですが、私は、休みなく働くと自分自身がパンクしてしまうので、土日はよほどのことがない限り休むようにしています。

 

休む・・・と言っても、日がな一日寝ているわけではありません。

 

確かに、今の仕事を始めた頃は、昼過ぎまで寝ているということもありました。

その頃は、帰宅が夜11時を過ぎることも少なくなく、平日の睡眠時間が5時間弱という状況でしたので、週末に寝溜めしていたのです。

 

最近でも、つい2年くらい前までは、11時くらいまで寝ていたりしました。

 

ですが、よくよく考えると休みの日でないとできないことは結構あります。

あまり起きるのが遅いと、したいことができなくなり、消化不良に終わってしまいます。

 

ですからここ1年くらいは、遅くとも9時半ころには起きるようにしています(とはいえ、今日は気がつくと10時近くになっていました)。

 

 

1 土曜日の過ごし方:お出かけ中心

 

私の場合、土日のうち、土曜日は外出に当てることが多いです。

外出先はまちまちです。

ショッピングに出かけることもあれば、最近趣味になりつつある爬虫類ショップめぐりに出かけることもあります。

 

遠出をする気分ではないときは、徒歩圏内の秋葉原の方にでかけ、お気に入りのカフェでケーキを食べて帰ってきたりします。

 

以前は17時位に帰ってきて、帰宅後慌ただしく夕食の支度をして・・・という感じでしたが、最近は16時くらいには帰ってきて、時間があれば少し睡眠を取るようにしています。

 

休みの日だからといって、力いっぱい遊ばなくなりました。

50を過ぎて、少しおとなになったということなのでしょうか・・・

遊びに出ても、休息は取りたいと思うようになってきました。

 

 

2 日曜日の過ごし方:家事中心

 

一転、日曜日は、スーパーやコンビニに買い物に行く以外は自宅で過ごしています。

夕方はブログを2本更新していますが、それ以外は、概ね家事をしています。

 

*私の他のブログ、以下のとおりです。お時間ありましたらお立ち寄りください*

 

こちらは、自分のプライベートでの想いについて飾らずに語っています。 

comcomcom0620.blogspot.com

 

こちらは、毎日更新しているブログです。飼ハムマサムネの話が中心です。

ameblo.jp

 

 

私は、掃除・洗濯・食器洗いは毎日しています。

家事は溜めないのが億劫にならないコツだと思っているからです。

 

ですが、日曜日は「週1回のスペシャルな家事」が待っています。

 

まずは、トイレ掃除。

1週間の常備菜作り。

(時折)マサムネの冷凍野菜や乾燥野菜づくり。

季節ものやカーテンの洗濯。

エアコンの掃除。

キッチン周りの掃除(ガス台やシンクなど)

などなど。

 

また、夜には1週間のゴミ出しもやりますので、朝起きたら夜まで、それなりに忙しいのです。

 

そんな日曜日の楽しみは、ランチ代わりのおやつです。

朝起きるのが遅いので、ランチをガッツリ食べません。

自宅でコーヒーを淹れて、おやつを食べます。

 

本日もいただきました。

メインのセブンイレブンの桜餅に、ポテチやイカのくんさき、六花亭かりんとうが少々です。

大したおやつではありませんが、心がホッとするひとときです。

 

おやつを食べたら、概ね週1回のブログの更新。

 

これが日曜日のルーティンです。

 

色々やることがあって、あっという間に1日が過ぎていきます。

ですが、自分のペースで過ごせているので、それなりの休息になっているとは思います。

 

たまに、本当に何もしない、ダラダラとした休日を過ごしたくなる気持ちになることもあります。

 

しかし、自分の性格上、それでは色々なことが気になってしまって、ちょっと無理かもしれません。

今の土日の過ごし方は、今の私の気分には合っているように思います。

 

ではこれから夕食前に部屋の掃除をすることにします。

夕飯は肉豆腐の予定です。

 

 

 

 

 

コロナ禍で心を慰めてくれるもの、挙げてみました。

1回目の緊急事態宣言から1年が経ちました。

この間、コロナの感染状況は落ち着くこともなく、人の流れが増えれば感染が拡大するということを繰り返しています。

 

現在は、変異株が猛威をふるい始めており、ワクチン接種が遅々として進まない中、今までにないスピードで感染が爆発するのではないかという懸念があります。

 

自由に自分の生活を過ごしていくというのは、なかなかに難しい状況です。

ストレスも溜まります。

 

特に私は一人暮らしで、親兄弟も遠方に住んでいるため、そのストレスを内側に貯めてしまいがちになります。

 

そんな中で、自分のストレスを軽減させてくれるものを考えてみました。

今回は、4つ思いついたものをご紹介したいと思います。

 

1 スポーツ

1つめは、スポーツです。

元々私はスポーツ観戦が好きで、特に、フィギュアスケートカーリング、大相撲をよく見ていました。

 

3月には大相撲の春場所があって、照ノ富士の優勝で盛り上がりました。

 

また、フィギュアスケートは3月末に世界選手権があり、新星?鍵山優真くんの活躍で胸が踊りました。

 

現在は、カーリング男子の正解選手権が行われています。

予選の総当たり戦は時間が許す限り観ていました(決勝は明日の朝7時からNHKBS1で中継があります)。

日本は決勝ラウンドに進めませんでしたが、頭脳と的確な技術の両方が必要とされるカーリングのゲームは、観ていてドキドキしました。

 

また4月15日からは、フィギュアスケートの国別対抗戦があり、一流選手の演技を4日間に渡り観ることができます。楽しみなことこの上ありません。

 

さらに、元々3月末に予定されていたカーリング女子の世界選手権は、4月末から5月にかけてカナダで行われることになったそうです。日本代表の北海道銀行チームの頑張りが期待されます。

 

スポーツ好きにとって、スポーツイベントは心躍るものです。

昨年は様々なスポーツイベントが中止になりましたが、今年は感染対策を万全に行った上で実施されています。

コロナ禍でも対策次第でスポーツイベントができるということは、励みになります。

 

東京オリンピックの開催には、世間に様々な意見があるようですが、感染状況が比較的落ち着いているのであれば、大きな制約を課したとしても実施してもらいたいなと個人的には思っています。

 

2 マンガを読む

私は、特にマンガ好きというわけではないのですが、最近は、時間があるときにマンガを読んで、笑ったり、ほっこりした気持ちになって癒やされることが増えました。

 

以前ご紹介した益田ミリさんの「スナックキズツキ」は2回読みましたし、「おじさまと猫」も発売されている全巻を読みました。

 

comcomcom0620.hatenablog.jp

 

comcomcom0620.hatenablog.jp

 

最近は、新たに松本ひで吉さんの「犬と猫どっちも飼ってると毎日楽しい」にハマっていて、現在2巻まで読み終えているところです。

*残念ながら楽天アフィリエイトでは取り扱いがなく、画像が貼れませんでした。

 

マンガは、サラッと読み流すことができるのが良いなと思います。

スキマ時間にサラッと読んで、穏やかな気持になれます。

これからもストレス解消の一環としてマンガを取り入れていければと思っています。

 

3 家族との電話

実は私は、一人暮らしをして以来、ほぼ毎晩母と電話で話しています。

コロナで以前ほど頻繁に帰省ができなくなってからは、月に1度LINEビデオ通話でオンライン帰省もしています。

 

遠く離れていても、毎日母の声が聞けると心が和みます。

母の話や、父や妹の様子、昨年から飼い始めた猫の様子を聞いていると、自分が家族とつながっていることが感じられ、孤独感を感じずに済みます。

たとえ電話でも、家族と話すということはとても大切なことだと感じます。

 

4 動物とのふれあい

すでにこのブログでも何回か書いていますが、私は現在ハムスターを飼っています。

食事や掃除などのお世話をして、夜に部屋の中を散歩しに出てくるハムスターを見回ることは、楽しいものです。

もちろん、家の中で事故に合わないように緊張感を持ってもいますが、ふとした仕草やたまにやるドジなどは、とても微笑ましいものです。

 

こんなに小さい子でも、意思があり感情があると感じられます。

一生懸命生きている彼の姿を見ると、自分もぼやぼやしていられないな、と思います。

 

加えて、最近は、近所にいる地域猫と友だちになり、ほぼ毎日短時間ですが、会って一緒に過ごすようになりました。

私に気持ちを許してくれて、撫でさせてくれたり、お土産のチュールを食べてくれると、気持ちが通じ合っているように感じられ、慰められます。

 

動物は尊く、様々なものを与えてくれます。

 

最近は、もうお一方自宅にお迎えしたいなと言う気持ちもあり、若干の葛藤があります(ちなみにお迎えするならレオパードゲッコーが良いかなと考えています)。

 

 

こういうものに助けられて、私は、コロナ禍でもストレスを感じながらも、なんとか日々の生活を送ることができています。

 

コロナの世の中になって、人間は些細なことでも、その気になれば安らぎを感じることができるのだな、と思ったりするようになりました。

 

まだまだ生活しづらい状況は続きそうですが、皆様の生活も、小さな潤いの積み重ねで少しでも明るくなれば良いなと思います。

 

人出が増えていることを実感した出来事について

東京は、2回めの緊急事態宣言が解除されてそろそろ2週間になろうかというところです。

 

緊急事態宣言が解除される前から、徐々に感染者数は増えて来ていましたが、最近も増加傾向は変わっていません。

報道によれば、街の人出も増えていると言われています。

 

とはいえ、私自身は、休みの日に出かけるときも、あまり人混みには行かないように気をつけているので、緊急事態宣言が解除されたことによって人出が増えたということは、そこまで実感していませんでした。

 

ですが、昨日、これを実感する出来事がありました。

 

私は、ヘアカットは、帰省時は20歳の頃から担当してもらっている美容師さんにお願いしています。

しかし、現在はショートカットにしているので、帰省したときにカットしたあと次の帰省まで放置してしまうと、かなりスタイルが崩れてしまいます。

 

とはいえ、東京は美容室が多すぎて、どこがいいのかよくわかりません。

そこで、私は、2000円カットのFaSSさんで毎月1回カットしてもらっているのです。

 

これは以前記事にしたことがあります。

 

comcomcom0620.hatenablog.jp

 

 

私が行っているのは、有楽町OIOI内のFaSSさんで、もう4,5回お世話になっています。

 

いつも夕方か開店直後しか行っていなかったのですが、今までは待たされても最長で30分くらいでした。

 

昨日、午後仕事で半休をとって、午後1時くらいにFaSSさんに行きました。

半券を取ったところ、1時間ちょっと待ちますとお店の方に言われたのですが、結局私のカットが始まったのは午後3時。

実に2時間弱待ったことになります。こんなに待つとは思っていませんでした。

 

2時間待っている間も、お客さんは何人も何人も来ていました。

半券を取って待ち時間を聞き、一度退店する人がほとんどでした(自分の時間近くになったら戻ってくる感じでしょうか)。

 

カットしながらお店の方が、はっきりと「緊急事態宣言が解除されてから混み始めた」と仰っておりました。

 

1回目の緊急事態宣言で客足が減り、その後あまり回復しなかったのが、今回の緊急事態宣言解除後に以前の水準に戻ったということのようです。

 

平日でこの状況ですから、週末はかなりの混み具合なのではないかと思います(2時間待ちましたけれど昨日行けてラッキーだったかもしれません)。

 

この混雑ぶりを緩和するために、FaSSさんではネット予約できるシステムを導入したそうです。

格安なカット専門店で予約ができるというのは嬉しいものです。

 

私は待つのが本来あまり好きな方ではないので、次回からは予約してカットしに行こうかと思います。

 

緊急事態宣言の影響が出ていたのは、飲食店だけではないことも実感しました。

 

4月というのは、年度始めでもあって人出がかなり多い時期かと思います。

 

感染拡大が続いている状況には変わりないので、私自身は、今後もなるべく人混みを避けて生活しようと思っています。

 

 

 

 

「密」を避けて逃したものについて考える。

日本各地で、コロナウィルスの感染拡大第4波が始まっていると指摘されている今日このごろ。

東京も感染者数が少しずつ 少しずつ増加している状況です。

 

自分は喘息持ちであるためコロナに感染すると症状が重篤するのではないかと考えていいます。なので、感染しないようにかなり気をつけております。

 

今までも繰り返し書いてきましたが、こまめな手洗い消毒はもちろんのこと、よほどのことがない限り複数での食事には行かない(一人では外で食事したりはしますが)、(就業時間が裁量に任されているので)ラッシュの時間を極力避けて出退勤する、人が多いところには基本的に行かない、といった具合です。

 

こういう生活は最初の緊急事態宣言あたりから続けているので、もう1年近くになります。

1年近くも続けていれば慣れてきて、今ではこういう生活スタイルが普通になってしまいました。

 

また、悪いことばかりでもありませんでした。

 

私の場合、早く自宅に帰るようになったため、自宅でバランスを考えた夕食をとるようになり、結果2キロほど体重が落ちました。

 

さらに、夜の時間に余裕ができた結果、自分の興味があること(投資やペット)に関する本を読んだり、ネットで情報を集めたりできるようになりました。

 

時間にゆとりがある生活ができるようになり、その点は良かったと思っています。

 

ですが、コロナ故に回避している行動もあります。

「密」に関しては、かなり神経質になっています。

 

前回投稿で、スーツが入り用になり買いに行ったというお話をしました。 

comcomcom0620.hatenablog.jp

 

実際に買う前、とある土曜日に、丸の内や八重洲でスーツを物色していたのですが、かなりの人混みで、怖い思いをしました。

 

それ以来、繁華街にショッピングに行くのをなるべく避けようと思うようになりました。

 

それで最近逃したのが、UNIQLOの+Jコレクションの新発売です。

+Jはかなり人気のラインなので、発売直後は、取扱店がかなりの人混みになることが予想されます。

 

先週の土曜日、有楽町のユニクロの前を通ったときには整理券を配っていました。それくらい混雑しているということなのでしょう。 

 

メンズのジーンズで興味が惹かれるものがありましたが、行かずじまいです。

おそらくもう売り切れていることと思います。

 

また、実は昨日今日と、表参道の行きつけのショップでガレージセールをやっているのですが、これも回避しました。

 

今時季の土日の原宿表参道エリアは、どこもかしこも人の波であることはわかりきっています。

 

感染が拡大しつつある今のこの状況では、行かないほうが無難だろうと考えて、控えました。

 

センスの良いショップなので、ガレージセールに行けばお宝がたくさんあったと思います。とても楽しめたでしょう。

 

しかし、この状況下で、「密に対する恐怖」を押してまで出かける気持ちにはなれませんでした。

 

私は、元々洋服や食器、雑貨などが好きなので、ショッピングを控えるということは、やりすぎるとストレスになってしまいます。

 

ですが、コロナの影響なのかどうかはわかりませんが、最近、洋服も雑貨も「量より質」、つまり、「本当に欲しい物、いいと思うものだけ厳選して買うのが良い」という考えに変わってきました。

 

なので、今のところ、+Jやガレージセールを逃したことについての悔しい気持ちというのはそれほどありません。

 

もしかすると、コロナ禍というものを通して、自分のライフスタイルや「必要なもの」「大切なもの」に対する考え方が変わっているのかもしれません。

 

コロナが去れば、また元通りになるのかもしれませんが、今は、コロナを通じて変化した自分の生活を、成り行きに任せて楽しめれば良いなと思うのでした。

 

スーツを買うなら専門店で。

私の仕事は、スーツがマストではありません。

クールビズ期間は置いておくとして、それ以外の期間も、ジャケットを羽織っていればそれなりにOKという感じです。

 

ですが、先日、勤務先のウェブサイトに所員の写真を乗せることになり、できればスーツで・・・ということになりました。

 

それで、急遽スーツを買うことにしました。

 

当初私は、セットアップを取り扱うセレクトショップでスーツを買おうとして店を回っていました。

 

しかし、シルエットが垢抜けなかったり、トレンドを追いすぎていたりして、手が出ませんでした。

 

そこで、スーツの専門店を見てみようと思い、洋服の青山さんとスーツカンパニーさんに行きました。いずれも自宅に近い秋葉原の店舗です。

 

そうしたところ、シルエットがスタンダードで、かつ生地も軽く着やすいものに巡り会えました。

1着で済むところでしたが、価格も手頃で、予算内で2着買えそうだったので、双方のお店で1着ずつ購入しました。

 

こちらが洋服の青山さんのもの。

f:id:comcomcom-0620:20210321142853j:plain

 

こちらがスーツカンパニーさんのものです。

f:id:comcomcom-0620:20210321143111j:plain

 

パンツは、いずれもテーパードタイプで9分丈です。

 

先週早速2着とも着用して出勤しました。

1日着てみて、更に良さがわかりました。

 

まず、なんといってもありがたいのは皺になりにくいところです。

 

座っていることも多かったのですが、自宅に帰って脱いだところ、パンツにもジャケットにも着皺が一切ありませんでした。

 

特に青山さんのスーツはほぼウール素材で着皺が出ることを覚悟していたのですが、全く出なくて感動的でした。

 

また、ジャケットの背中部分は半裏ですが、パンツの方は前部分に膝のあたりまで裏がついています。

中にパンストを履いても滑りがよく、着心地の悪さがありませんでした。

 

ジャケットの丈とパンツのシルエットのバランスが双方ともとても良いです。

 

今のジャケットは長め丈がトレンドです。

青山さんやスーツカンパニーさんのスーツは、ビジネスを意識しているので、バリバリにトレンド感を出してはいませんが、ジャケットは従前よりも若干長めにしているようでした。

それだけに、テーパード型の細身のパンツともバランスを取りやすいのだと思います。

 

男性のスーツは専門店で買うのが普通かと思いますが、女性用のビジネススーツは、なかなか売っているところがありません。

セレクトショップのセットアップも、トレンドを意識したものが多く、ビジネス用のものは取り扱いが少ないのが現実です。なので、サイズ欠けも多い。

 

男性と同じく専門店を利用すれば、手頃なお値段で品質の良いスーツを手に入れられることを実感しました。

 

なお、個人的には、専門店でスーツを買うときは普段のサイズよりも1サイズアップしたほうがいいように思いました。

青山さんのものもスーツカンパニーさんのものも、作りがタイトです。

 

私は身長が170センチ近くあり、体重は53〜54キロくらいなのですが、肩幅がないので、ジャケットは、いつもは9号サイズをチョイスしていました(腰回りが大きめなので、ボトムは11号サイズが普通ですが)。

 

ですが、どちらのお店も9号サイズのジャケットは背中周りが若干窮屈でした。

丈感もちょっと短かったので、11号サイズにアップしたところ、ちょうどよい感じになりました。

 

もちろん、私が中年体型になり、背中周りにお肉がついた可能性もありますが・・・

 

購入の際の参考にしていただけると幸いです。

 

残念なことに、青山さんはいくつかのお店を閉店するようです。

 

私がスーツを購入した秋葉原店は、5月に完全閉店。

昨日訪れた銀座店も完全閉店セールをしていました。

 

せっかく、スーツを買うのにいいお店を見つけたと思ったのに、とても残念です。

 

さて、久しぶりにスーツを買って、「やっぱりスーツって着ると気持ちが上がる」ということに気がついた私は、もう1着ほしいと思い、昨日、銀座に出向きました。

 

スタンダードなスーツを2着買ったので、3着目は若干トレンドを意識してもいいかなと思いました。

 

そこで、マロニエゲートに入っているプラステさんで、ジャケットがダブルのスーツを買いました。

 

f:id:comcomcom-0620:20210321143012j:plain

 

こちらは、セットアップで、ボトムは、ワイド、テーパード、スティックパンツという細身の3型から選べます。

 

試着した結果、私は、ボトムはスティックパンツをチョイスしました。

センタープレスが入っていて、足元はやはり9分丈(足さばきがいいので、9分丈くらいが好きなのです)。

 

ダブルジャケットと言うと、特に最近のものは、オーバーサイズになるのではないかと思っていたのですが、こちらのジャケットは、比較的細身で、身ごろのだぶつきがありませんでした。

エストも程よくシェイプされており、トレンド感を出しながらもビジネスに使える仕様です。

 

なお、こちらの商品はジャケットは9号、ボトムスは11号を買いました。

プラステさんは、青山さんなどと異なり、ジャケットの作りは特にタイトというわけではないように思います。

 

プラステさんはスーツ専門店ではありませんが、セットアップは常時取り扱いがあります。私も過去に2着購入したことがあります。

着やすさを重視した作りのものが多く、またお値段が手頃なので、スーツが入用の方にはおすすめです。

 

ただ、店舗によって、スーツの取り扱いの数に大きな差があります。

東京ですと、私が今回行った銀座マロニエゲートの店舗がおすすめになります。

 

スーツを買えるお店、3店舗キープしました。

どのお店も2万5000円から3万円程度で上下揃えることができるので、また秋になったら秋冬のスーツを揃えたいと思うのでありました。